いぼ痔の日帰り手術

いぼ痔(痔核)のALTA療法(ジオン注射)と結紮切除術。
いぼ痔は日帰り手術で治すことができます。

ALTA療法(ジオン注射)

ALTA療法(ジオン注射)

ALTA療法(ジオン注射)は、切らずにいぼ痔の治療が行えることが最大の特徴です。脱肛した内痔核(進行度合いⅡ度~Ⅳ度)に効果が高い治療法で、硫酸アルミニウムカリウム水和物・タンニン酸という特殊な薬を内痔核に注射する手術です。2005年5月から保険適用になり、痛みや後遺症が少なく、術後安静にしていれば出血もほとんどないことからこれまでに20万人以上の方が受けています。

手術は日帰りで受けられますし、内容も肛門に局所麻酔を行って内痔核の4ヶ所に注射するというものです。場合によっては静脈麻酔を併用することもあります。経過観察には、6ヶ月~1年間が必要です。

ALTA療法は高い技術や知識を必要としますので、内痔核4段階注射法認定医が行います。
詳しくは、

結紮切除術(内痔核を切除する手術)

根治性が高く、痔の手術の中で最も一般的な手術であり、痔核の大きさや進行度に関係なく行うことができます。手術内容は、皮膚を切開して痔核を剥離させ、根本の動脈を縛って内痔核を周辺の皮膚と共に切除します。内痔核をメスで切除するので手術後に痛みがあり、処方された鎮痛剤を服用する必要があります。

日帰りで大丈夫?

いぼ痔の手術は、日帰り手術が可能です。手術の所要時間はおおよそ10分~15分程度ですし、麻酔は静脈麻酔・局所麻酔です。手術によっては術後の痛みがありますが痛み止めの処方があり、手術後の歩行が可能です。手術後に受ける医師からの注意や説明をしっかり聞いて、ご帰宅後、身体に負担をかけないようにお過ごしください。

手術後の痛みや出血

痛みは患者さまお一人おひとりによって個人差がありますので、あくまでも参考としてご紹介します。出血については、どのような治療法でも多少の出血はあります。傷口からの出血、内痔核からの出血など、手術前に出血があった場合には、手術後、症状が回復するまでは出血の可能性があります。ただし、術後、大量の出血があった場合には、すぐに医師へご相談ください。

ALTA療法(ジオン注射)

痛みと腫れ
痛みは比較的少ない
当日の痛みは少しあります
出血
多少の出血はあります
仕事
デスクワークであれば、翌日から可能です

結紮切除術

痛みと腫れ
切除した傷口に痛みがあります
処方された鎮痛剤を内服します
出血
手術後、出血の可能性があります。
できるだけ安静に過ごす必要があります
仕事
痛みが強い場合、仕事はお控えください
藤沢市 湘南藤沢おぬき消化器クリニック 痔の日帰り手術専門クリニック - 藤沢駅  徒歩3分 - TEL:0466-24-1371 診療時間 【平日】 09:00~12:00 16:00~18:30【土曜日】 09:00~12:00 16:00~17:30
藤沢市 湘南藤沢おぬき消化器クリニック 痔の日帰り手術専門クリニック - 藤沢駅  徒歩3分 - TEL:0466-24-1371 診療時間 【平日】 09:00~12:00 16:00~18:30【土曜日】 09:00~12:00 16:00~17:30
当院の手術実績 CLINIC BLOG おぬき消化器クリニック 健康診断専門サイト 内視鏡専門サイト 当院の口コミを見る 当院の口コミを書く

アクセス

〒251-0052
神奈川県藤沢市藤沢600
ASMビルディング3F

診療時間

【平日】
午前/09:00~12:00
午後/16:00~18:30

【土曜日】
午前/09:00~12:00
午後/16:00~17:30

休診日

水曜日、日曜日・祝日 (第三日曜日は予約検査のみ診療)

ホームページを見たとお伝えください TEL:0466-24-1371

地図はこちら